前は都市ガス地域に住んでいて引っ越したところはプロパンガス地域だったという人はその差に驚くと思います。プロパンガスと都市ガスとでは同じだけ使っていてもその差が1.5倍から2倍くらい違うからです。

都市ガスの無い地域でプロパンガスから都市ガスに切り替えるのは不可能です。しかし、同じプロパンガスでも安いプロパンガスに乗り換えることはできます。

乗り換えるには、「プロパンガス料金消費者センター」でお住いの地域の安いプロパンガスを紹介してもいます。

→ プロパンガス料金消費者センターはこちら

プロパンガスが高いことを知ったきっかけ

プロパンガスが高いと知った理由は、引越しをしたことがきっかけです。それまではプロパンガスと都市ガスと種類があることも知らなかったので料金の差に驚きました。

なぜプロパンガスが高いかを調べて分かったこと

都市ガスは定められた一定の価格で決まっているのでどこに住んでも違いはありません。それに比べプロパンガスは、各ガス会社によって価格が異なります。ですので、契約しているガス会社次第で安くもなりますし、高くもなります。そのため、隣の家よりも2倍くらい違ったという事はよくある話です。またどこと契約しても都市ガスよりかは高いのですが、それはガスボンベを運ぶ費用で人件費や運送代がかかるのが原因です。

また、都市ガスは賃貸住宅を作る側が設置費用をかけますが、プロパンガスはガス会社が設置費用をかけます。さらに、プロパンガスは工事費用や設備費用を肩代わりする代わりに大家と長い間ガスを使用してもらう契約と同時に設備費用はリースというような仕組みなのでガス料金で回収するというわけです。

そのため、ガス代は割高になっています。一軒屋を立てる場合は、たとえプロパンガス地域だとしても自分で選べるのですが、賃貸の場合は、大家さんとトラブルになってしまうのでガス会社は選べないので例え高くても我慢しなくてはいけません。

プロパンガスの料金を(他社に乗り換えて)安くする方法

もし、プロパンガスが高いなと感じたら乗り換えて安くする方法がオススメです。特に一軒屋ならどこのガス会社と契約しても自由なのですぐにでも乗り換えましょう。

ですが、「どの会社にしたらいいのか分からない」という人もいると思います。そもそもプロパンガスは適正金額がないため、どれくらいなら安くてどれくらいが高いという決まりもありません。そのため、自分だけで考えると悩んでしまう場合が多いです。そんな時は、「プロパンガス料金消費者センター」というものがあり、消費者保護を目的とした団体です。

これを利用すれば、不透明なプロパンガス料金の適正化を無料で請け負ってくれるので適正金額を知ることが出来ます。ですので、一軒家の人は悩んだらこちらに相談すると良いです。しかし、賃貸物件に関しては勝手にガス会社を変えることは難しいので気をつける必要があります。

乗り換えの際の注意点

まずは、プロパンガスの慣習としてプロパンガス設置を無料で行うかわりにその費用を月々の支払いとして上乗せするというものがあります。そのため「○年契約」を結んでいる場合があります。こういう場合は、途中で解約してしまうと解約料が発生してしまうので途中で解約は難しいです。

ですので、これらをきちんと調べておく事が大事です。今は、新築で家を建てるときに、床暖房や浴室乾燥が無料で設置してくれている事が多いです。しかし、これも○年契約で料金を上乗せして元を取っています。そのため、10年契約など長い契約を結んでいる場合が多いのでなかなか解約できないので契約を結ぶ前はしっかりと聞いておく必要があります。

今はガス会社も契約を結ぶのに必死です。ですので、契約を結んだときの内容は原則守らなければいけませんが、契約内容の説明が不足している場合はその限りではないので「そういうもの」と受け入れないで説明書をもう一度見直してから検討してみると良いです。また、新しく契約をする時に最安値と言われてもそれだけで契約を結ばないようにしましょう。

同じガス会社でも契約をした後でも値引き交渉が出来る事があります。また、契約時は非常に安い料金を提示しておきながら原料費の高騰を理由に徐々に金額を吊り上げていくケースが良くあるので最初の値段だけで考えないようにして、徐々に値段を上げられたらガス会社に相談をしてみましょう。

このように、プロパンガスは会社によって料金を自由に選択できるのでもめやすい原因になります。しかし、だからといってすぐに契約変更が出来ないのがネックなところです。また、仮に値引き交渉しようとしても個人だと限界があります。そういうばあは、プロパンガス料金消費者センターという機関を利用する事がオススメです。

プロパンガスに関する相談や要望に応じた優良なガス会社の紹介まですべて無料で行っているので相談するのも一つの方法です。困ったら是非活用して不当な金額を支払わないようにしましょう。


プロパンガス 乗り換え プロパンガスを乗り換えるには?

このページの先頭へ